弁護士

よい弁護士をみつける為にすること

更新日:

離婚の際に有利な弁護士を見つけることは通常、皆さんあまりなじみがないことと思います。
そもそも、弁護士という職業の人とはかかわらない人生を歩めたほうが安定しているのです。
弁護士にも、得意分野があります。
実際、ホームページなどに得意分野を記載している弁護士もいますが、今や弁護士の数も増えてきましたので、仕事がなくどんな仕事でもします!っという弁護士もいるのが現状なのです。


スポンサードリンク




地方自治体の無償弁護士相談というのがよく開催されますが、これは、その地域の弁護士会に所属する弁護士が持ち回りで担当しているものです。
この相談会に行き、離婚で弁護士を探していることを相談するのも1つですし、もしも離婚を専門としていない弁護士が担当の日であっても、離婚を専門とする弁護士を紹介してもらうなどということも可能です。

先にも述べましたが、弁護士のホームページなどを見ると、企業の顧問弁護士を専門としている弁護士は企業に関する内容を記載していることが多いですし、医療訴訟を専門としている弁護士は医療に関する内容を前面に紹介していることが多いです。
弁護士に相談する際には、相談料というものがかかります。
最初に、この弁護士に依頼しようかどうしようかという程度の相談であってもたいていの弁護士事務所では1時間5000円〜位の相場で相談料をとっています。
そこで、依頼をすることになると着手金が発生し、その後、報酬が別個に発生するシステムです。
やはりそれなりに金額がかかるものですし、自分の人生の岐路に関わる問題を相談することなので、信頼が置けることが何よりも大切になります。

一番よい方法は、友人や親せきなどに離婚の際に弁護士にお世話になった人がいないか思い出してみてください。
正直なところを聞いてみましょう。
どんな弁護士であったのか、相手側との話し合いに逃げ腰ではなかったか、こちらの主張をしっかり告げることができる弁護士で会ったのか、費用は明確であったのかなど当事者としての意見を聞きましょう。
そして、よい弁護士であったというのであれば、紹介をしてもらうもしくは、自分でアポイントをとり、面談の際に●●さんの紹介で・・・と告げるとよいかと思います。
紹介と言われると、どんなに忙しくてもそれじゃあ断れませんねとなるケースが多いのです。
3人に1人が離婚する時代なので、意外と周りに弁護士を介した離婚をしている人がいるかもしれません。


スポンサードリンク




Sponsored Links

-弁護士

Copyright© 男が離婚するときに知っておくべきこと , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.